アクシオンからのお知らせ

ACSiON(アクシオン)、フィッシング対策サービスを
ジェーシービー等金融機関12社、セブン‐イレブン・ジャパン、ランサーズへ導入

ニュースリリース

2021.10.08

  • facebook
  • twitter

株式会社ACSiON(本社:東京都千代田区、代表取締役:安田 貴紀、以下 アクシオン)は、2021年1月29日に提供を開始したフィッシング対策サービスを、金融機関12社(銀行7行、カード会社等5社)、株式会社セブン‐イレブン・ジャパン、ランサーズ株式会社へ導入したことを発表します。

■導入企業

株式会社足利銀行、株式会社新生銀行、株式会社セブン銀行、株式会社鳥取銀行、株式会社アプラス、株式会社ジェーシービー、新生フィナンシャル株式会社、トヨタファイナンス株式会社、株式会社ゆめカード、株式会社セブン‐イレブン・ジャパン、ランサーズ株式会社

足利銀行
新生銀行
セブン銀行
鳥取銀行
アプラス
JCB
新生フィナンシャル
トヨタファイナンス
ゆめカード
セブン‐イレブン・ジャパン
ランサーズ

その他、地方銀行3行

■背景

フィッシング詐欺は、コロナ禍以降の昨年に引き続き、増加傾向が続いています。フィッシング対策協議会(https://www.antiphishing.jp/)によると、2021年8月のフィッシング報告件数は53,177件で過去最多となっています。ターゲットが、大手や国内量販店のECサイト、クレジットカード、銀行、通信事業者等から、更に生活者が接点を持つあらゆる業界に多様化してきているのが最近の特徴です。

■選定のポイント

1.被害抑制のための早期検出

アクシオンのフィッシング対策サービスはフィッシングサイト検出の速さに特化しています。そのため、フィッシングに悪用された企業は消費者がフィッシングメール・SMSを受信するより前に対策に着手することが可能です。国内企業をターゲットとしたフィッシングサイトが過去立ち上がったことのあるネットワークを中心に、監視・チューニングをおこなうことでこの速さを実現しています。過去においてターゲットとなった企業からは検出の迅速さを評価いただき、採用に至っています。

2.防御の仕組み化

ネット銀行のセキュリティ対策経験者がフィッシング発生時の対応経験を元にサービス開発をおこなっています。迅速なフィッシングサイト検出の実現に加え、検出後のフィッシングサイト閉鎖依頼対応についても経験に基づく実効性のある方法でサポートします。フィッシング未発生の企業においても、自社ではノウハウや体制がない中で任せることができるとして、ご採用いただいています。

【アクシオン フィッシング対策サービスについて】

フィッシングサイトの出現を迅速に検出し、導入企業へ通知します。今後、フィッシングサイト閉鎖依頼の自動対応や、本サービスの導入企業同士が情報連携できる仕組みの追加を予定しています。銀行、クレジットカード・信販系事業者、仮想通貨事業者等、顧客基盤をお持ちのすべての事業会社でご利用いただけます。

【図:フィッシング対策サービスについて】

【株式会社ACSiON(アクシオン)】(URL: https://www.acsion.co.jp/

会社名 株式会社ACSiON
所在地 東京都千代田区大手町1-6-1
代表者 代表取締役 安田 貴紀
事業内容 ・不正検知プラットフォーム事業
・本人確認プラットフォーム事業
・コンサルティング事業
設立年月日 2019年7月16日

以上

本件に関連するウェビナーのご案内:
【10/27開催 無料ウェビナー】直近のフィッシング発生状況と企業が​取るべき対応とは
<報道関係、および製品に関するお問い合わせ窓口>
㈱ACSiON 広報担当(猿田)
電話:03-6823-1232

各種お問い合わせは以下のボタンよりお進みください。