アクシオンからのお知らせ

静岡銀行とATM本人確認サービスの実証実験を開始
~現金プラットフォームから「ATM+(プラス)」へ進化を加速~

ニュースリリース

2021.09.27

  • facebook
  • twitter

株式会社セブン銀行(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:舟竹 泰昭、以下 セブン銀行)とセブン銀行子会社である株式会社ACSiON(本社:東京都千代田区、代表取締役:安田 貴紀、以下 アクシオン)は、第4世代ATMのeKYC機能(容貌の生体認証による本人確認機能のこと)を活用したATM本人確認サービスの実証実験を株式会社静岡銀行(本店:静岡県静岡市、頭取:柴田 久、以下 静岡銀行)と2021年9月27日より開始しました。

セブン銀行は、2019年より新型ATM(第4世代ATM)の導入を開始し、首都圏を中心に7,907台の設置を完了しております。(2021年8月末時点)
第4世代ATMに搭載される新機能(ATM+)には、本人確認書類の撮影・ICの読み取り機能、高精度カメラによる顔認証機能が実装されています。これに加えて、アクシオンが開発したeKYCによるオンライン本人認証「proost(プルースト)」を活用することで、高度で堅牢なセキュリティ水準を充たす本人認証機能を実装することができました。また、金融機関をはじめとする特定事業者等が法令上求められる本人認証要件に対しても高い水準で充足しているため、銀行口座開設、住所・氏名変更等の各種届出、継続的顧客管理等に必要な認証手続きをATMで受け付けできます。
このたび、本機能の実証実験の第一弾として、静岡銀行のお客様の住所変更等を当社ATMで受け付けるサービスを開始いたします。東京都内にお住まいの静岡銀行のお客様は、お近くに静岡銀行の窓口がなくても、東京都内に設置している対象のセブン銀行ATM*で届出内容の変更を行うことが可能になります。本機能の実証実験を通して、銀行業務・各種手続きのDX(デジタルトランスフォーメーション)の加速と、リアルとデジタルを融合した安心・安全なお手続きを実現します。
なお、当社およびアクシオンは、2021年11月に他の企業とATM本人確認サービスを用いた実証実験(第二弾)を計画しております。

【静岡銀行との実証実験の内容】

対象取引 届出内容変更(住所、電話番号)
取り扱い可能な
本人確認書類
マイナンバーカ-ド、運転免許証
対象ATM 東京都内下記エリアのセブン-イレブン店舗等に設置している対象のセブン銀行ATM(1,128台:2021年8月末時点)
対象エリア 足立区、荒川区、江戸川区、北区、新宿区、墨田区、台東区、中央区、千代田区、豊島区、文京区、港区

*対象のセブン銀行ATM詳細はこちらからご確認ください

セブン銀行とアクシオンは、お客様の「あったらいいな」にいち早くお応えし、あらゆる人にもっと便利な、新たな日常の創造に努めてまいります。

お手続き(届出内容変更)の流れ

オンライン本人認証「proost(プルースト)」について>

「proost(プルースト)」は、本人同意に基づき、登録された正しい本人確認情報(氏名、住所、免許証記載情報、本人撮影顔画像等)をデータとして蓄積します。あらかじめ本人が許可した企業を対象に、本人確認情報を共有し、認証の際、本人の情報と登録された本人確認情報との照合を行います。反社チェックおよび不正検知機能の搭載により、なりすましなどの不正利用を防止するとともに、業務コストを低減し、安全性・効率性の高い本人確認を実現します。

【株式会社ACSiON(アクシオン)】(URL: https://www.acsion.co.jp/

会社名 株式会社ACSiON
所在地 東京都千代田区大手町1-6-1
代表者 代表取締役 安田 貴紀
事業内容 ・不正検知プラットフォーム事業
・本人確認プラットフォーム事業
・コンサルティング事業
設立年月日 2019年7月16日

以上

【本件に関するお問合せ先】
株式会社セブン銀行 企画部 コーポレート・コミュニケーション室 簗場・内田
TEL 03-3211-3041